ウランチャブ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウランチャブ
うらんちゃぶ / 烏蘭察布

中国北部、内モンゴル自治区中部の地級市。清(しん)代に各旗が紅螺谷(こうらこく)(モンゴル語でウランチャブという)で会盟したことから名づけられた。行政の中心地は集寧(しゅうねい)区で、ほかに商都(しょうと)など5県、4旗(県級行政区)を管轄し、豊鎮(ほうちん)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口273万8700(2015)。
 大青山(だいせいざん)山脈が中央を東西に走り、その南の豊鎮高原は農業地域、北の内モンゴル高原は草原、ゴビ(礫質(れきしつ)砂漠)からなる牧畜地域、中部は半農半牧地域である。南部の農業地域ではユウマイ(エンバクの一種)、ジャガイモ、ナタネ(アブラナ)、大豆、食油用アマ、サトウダイコンを産し、北部の牧畜地域ではヒツジ、ヤギ、ウシ、ウマなどの飼育が行われる。京包線(北京(ペキン)―パオトウ)、集二線(集寧―エレンホト)、集通線(集寧―通遼(つうりょう))、張集線(張家口(ちょうかこう)―集寧)が通じる。また、ヨーロッパへの貨物列車の起点にもなっている。[河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android