コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウランチャブ

百科事典マイペディアの解説

ウランチャブ

集寧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウランチャブ
うらんちゃぶ / 烏蘭察布

中国北部、内モンゴル自治区中部の盟(二級行政区)。人口269万6935(2000)。清(しん)代に各旗が紅螺谷(こうらこく)(モンゴル語でウランチャブという)で会盟したことから名づけられた。行政の中心地は集寧(しゅうねい/チーニン)市で、ほかに1市、5県、4旗を管轄する。大青山山脈が中央を東西に走り、その南の豊鎮(ほうちん/フォンチェン)高原は農業地域、北の内モンゴル高原は草原、ゴビ(礫質(れきしつ)砂漠)からなる牧畜地域、中部は半農半牧地域である。南部の農業地域ではユウマイ(エンバクの一種)、ジャガイモ、菜種、大豆、食油用アマ、サトウダイコンを産し、北部の牧畜地域ではヒツジ、ヤギ、牛、馬などの飼育が行われる。京包、集二(しゅうじ)、集通の鉄道が通じている。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウランチャブの関連キーワード内モンゴル(自治区)内モンゴル高原オロン・スムオロン・スムバインオボ百霊廟豊鎮商都

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウランチャブの関連情報