商都(読み)ショウト

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商都
しょうと / シャントゥー

中国、内モンゴル自治区ウランチャブ市南東部の県。河北(かほく)省に接する。人口34万6000(2016)。1918年に県が置かれ、1962年河北省から内モンゴル自治区に編入された。小麦、ユウマイ(ハダカエンバク)、ジャガイモ、ゴマの生産を主とする農業地域で、牧畜も行われる。石英、珪藻土(けいそうど)、蛍石(ほたるいし)などを産するほか、天然ガスの埋蔵量も豊富である。[河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商都の関連情報