コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルシーノ城 ウルシーノジョウ

デジタル大辞泉の解説

ウルシーノ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ウルシーノ城】

Castello Ursino》イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の都市カターニアにある城。港の防御を目的として神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世により13世紀に建造。アラゴン家の居城だったほか、牢獄として使われたこともある。17世紀の地震で破壊されずに残った数少ない中世の建造物の一。現在は市立博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウルシーノ城の関連キーワードアラゴネーゼ城アラゴン城インペラトーレ城エステ城エステンセ城カステッロ広場サンジュスト城スフォルツァ城スフォルツェスコ城スベボ城

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android