コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンム・クルスーム Umm Kulthūm

世界大百科事典 第2版の解説

ウンム・クルスーム【Umm Kulthūm】

1908‐75
エジプトの女性歌手。父から伝統的コーラン読誦法を習い,祭礼の折などに歌っているのを認められ,1922年カイロに出る。それ以後アスマハーンと人気と実力を二分するほどになり,アスマハーンの死後,名実ともにエジプトにおけるアラブの歌手の第一人者となる。サイイド・ダルウィーシュが遺した伝統的歌唱法を伝え,毎月第1木曜の定期公演は,全アラブ地域に実況中継された。今日でもウンム・クルスーム放送が毎夜彼女の歌だけを流している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウンム・クルスームの関連キーワード西アジア芸能ウスマーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android