ウースター(読み)うーすたー(英語表記)Worcester

翻訳|Worcester

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウースター(イギリス)
うーすたー
Worcester

イギリス、イングランド中部、ヘアフォード・アンド・ウースター県の県都。バーミンガム南南西40キロメートルにあり、人口9万3358(2001)。セバーン川の渡河点近くに発達した交通の要衝で、-cesterがつく地名の特徴からローマ時代起源と考えられる。11世紀の『ドゥームズデー・ブック』(征服王ウィリアム1世編纂(へんさん)のイングランド国勢調査書)には、「城壁と濠(ほり)で囲まれた小さな町」と記載されている。13世紀以降、手袋の生産で知られ、中世には羊毛業の中心であった。現在は18世紀に始まった製陶工業が主要な産業で、ほかに金物、工具などの製造も行われる。わが国ではウースターソースの産地として知られる。中世以来の建築物も多く、大聖堂、ギルドホール、グラマー・スクールなどはその代表である。17~18世紀の住宅も多く残っている。ピューリタン革命を勝利に導いたウースターの戦い(1651)の地。[井内 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウースター(イギリス)【ウースター】

英国,イングランド西部,ヘリフォード・ウースター州の州都。セバーン川にのぞみ,製陶業が盛んで,ウースターソースの原産地として有名。11世紀建立の主教座聖堂がある。9万4000人(2001)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android