コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウースターソース ウースターソース

百科事典マイペディアの解説

ウースターソース

トマト,タマネギニンジンなどの野菜に数十種の香辛料,調味料を混ぜ,味付け着色したソース。19世紀中ごろ英国のウースターWorcesterで初めて作られたが,日本人の好みに合わせ独自のソースとして製品化,食卓用として用いられている。
→関連項目ウースター(イギリス)カツレツソース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウースターソース【Worcestershire sauce】

19世紀中ごろイギリス,ウースターシャーのウースターで創製,発売された食卓用ソース。タマネギ,ニンジン,セロリトマトなどの煮熟液に,コショウニッケイタイムセージその他の香辛料や酢,塩,カラメルなどを加え,6~12ヵ月熟成させる。この系統のソースは,日本では1887年ヤマサ醬油(しようゆ)がアメリカ市場開拓をねらってつくった〈ミカドソース〉がはじめで,国内では〈新味醬油〉の名で発売された。しかし,これは売行き不振でまもなく生産中止,94年大阪で〈三ツ矢ソース〉が発売されたが,これも〈洋式醬油〉,略して〈洋醬〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウースターソース【Worcester sauce】

〔イギリスのウースターシャー州でつくり始めたことから〕
野菜や香辛料を煮込んでつくった西洋料理の調味料。単にソースと呼ばれることが多い。ウスター-ソース。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウースターソース
うーすたーそーす
worcester sauce

主として食卓用に使用されるソースの一種。1850年ごろイギリスのウースターシャー地方でつくり始められた食卓用ソースで、タマネギ、ニンジン、セロリなどの野菜を煮込み、調味料や香辛料を加えて熟成させたもの。日本では1887年(明治20)にヤマサ醤油(しょうゆ)が生産発売した。明治時代後半に西洋料理とともに普及し、ソースといえばウースターソースを意味するほどに広まった。日本では「ウスターソース」と表記され、原型とは違った風味のもので、タマネギ、ニンジン、トマト、セロリなどの野菜の煮出し汁やピューレに各種のスパイス類、糖類、食塩、酢、アミノ酸などの調味料類、着色のためのカラメルなどを混合、1か月くらい熟成させてつくる。粘性から、濃厚、中濃などの濃度を表す名のソースや、トンカツソース、バーベキューソース、焼きそばソース、お好み焼きソースなど、用途別のものもある。欧米ではウースターソースは、食卓用よりも料理やソースの味つけ用、調理用として使用されていることが多い。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウースターソースの言及

【ウースター】より

…セバーン川中流東岸に位置し,交通要地であるため周辺農業地帯の中心地をなす。ウースターソースに代表される農産加工のほか,手袋,ウースター磁器の生産で知られ,ホップ市場も開かれる。680年の司教管区の新設以降,宗教の中心地となり,中世からは毛織物業が発達した。…

【ソース】より

… ソースは,食卓でまたは調理中に用いる調味料と,料理の一部として作られるものとに大別される。調味料としての市販品のソースはウースターソースに代表される。日本には明治に入って渡来し,日本人好みの味に作られるようになった。…

※「ウースターソース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウースターソースの関連キーワードソースサラダIndian sauceソースアメリケーヌソースアングレーズソースオーロラソースグレービーソースデミグラスソースドミグラスソース

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウースターソースの関連情報