ウーノ カイラス(英語表記)Uuno Kailas

20世紀西洋人名事典の解説

ウーノ カイラス
Uuno Kailas


1901 - 1933
フィンランド詩人
リルケに傾倒し、贖罪と心の平和を主題とした厭世叙情の詩人で、初め表現主義であったが、後に高踏派にかわった。20世紀のフィンランド詩の代表者であり、またフィンランドにおいて形而上詩を試みた最初の詩人でもあった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android