ウ冠(読み)うかんむり

精選版 日本国語大辞典「ウ冠」の解説

う‐かんむり【ウ冠】

〘名〙 (片かなの「」に形が似ているところからいう) 漢字の一つ。「宅」「宇」「守」などの「宀」の部分。この冠の字は字典では多くは宀部に属する。「宀」は屋根におおわれた家の象形。うかぶり。うかむり。
※雑俳・柳多留‐二八(1799)「ウ冠女に着せて売りひろめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ウ冠」の解説

う‐かんむり【ウ冠】

漢字の冠の一。「」「家」などの「宀」の称。片仮名の「ウ」の字に似ているところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android