コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアプランツ エアプランツair plants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エアプランツ
air plants

土も水もなしに生育できる植物のこと。「気生植物」と訳される。特にパイナップル科 (アナナス科) ティランジア属の植物のうち,根がほとんど発達しないことから,培地に植えなくても空気中から養分と水分を吸収して生育する小型の種をさす。ティランジア属は北アメリカから南アメリカにかけての亜熱帯地区に約 400種が分布する。なかでもエクアドル原産のハナアナナスが有名だが,花期に葉が鮮やかな赤色になるイオナンタやカピタータ,葉の形が特異なカプトメドゥーサドラティなど,メキシコからペルーにかけてが原産の,小型で乾燥に強い十数種が好まれている。低温の限界は5℃ぐらい。植木鉢などの容器もいらず,よく日光にあてて乾きぎみに管理するほかに,栽培にほとんど手間がかからない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エア‐プランツ(air plants)

空気中の水分を葉や茎から吸収して生きている植物。アナナス科のティランジアなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エアプランツ【air plants】

パイナップル科チランドシア属の着生植物の総称。南アメリカの乾燥地帯の原産で、肉質が厚く表皮は固い。空気中の水分や養分で成長する。鑑賞用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エアプランツの関連キーワード乾燥地帯着生植物総称表皮肉質

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアプランツの関連情報