コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアロック air lock

翻訳|air lock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エアロック
air lock

気圧が異なる空間をつなぐ装置。おもにケーソン,トンネルやシールドの工事など,高圧下で作業を行なうとき,大気圧の空間から人や物を出入りさせるのに用いる。また宇宙船にも用いられている。1830年にトマス・コクランが特許をとった。鋼製の筒状で,大気圧空間からエアロックへの入口と,エアロックから与圧された空間への出口が気密扉になっており,扉の一方は常に閉鎖されている。エアロック内の気圧を扉の外の気圧と等しくしてから扉を開く。(→圧気工法

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エア‐ロック(air lock)

気圧の異なる所に出入りするための装置。潜函内作業やトンネル工事、宇宙船などで、出入りの圧力調整のために、内側ドアと外側ドアとの間に設けた小部屋気密室。気閘(きこう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エアロック【air lock】

潜函・宇宙船などで、内部の気密性を保ったまま、気圧の異なる外界に出入りするための装置。内部側・外界側のドアにはさまれた小部屋で、内部側のドアは、小部屋内の気圧を内部側と同じにしてから開く。気閘きこう。気密室。
パイプ内の液体の流れを妨げる空気の泡。空気閉塞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エアロックの関連キーワードバイオセーフティレベル国際宇宙ステーションBSL4施設危険病原体レックウザ気密性外界

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアロックの関連情報