コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアーバック air bag 

1件 の用語解説(エアーバックの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

エアーバック

単体(単品売り)でハーネスに取り付けるものもあるが、最近ではハーネスと一体型のエアーバックハーネスが殆どになる。空気を入れることにより、事故の際、衝撃を和らげ体を保護する。 前方に空気の取り入れ口(エアーインテーク)が設けられ、かつ外部圧力で簡単に空気が抜けないよう逆流防止弁が付いている。車のエアーバックはアクシデントと同時にその衝撃により開く(膨れる)が、パラグライダーのハーネスの場合は、飛行中、常に膨れている状態になる。キャノピーのラム圧と同じ原理で膨れているため、テイクオフ直後はまだ空気が入りきっていないという欠点がある。これを補う為にバテンを入れ、最初からある程度空気を入れたものもある。プロテクションとしての効果はムースタイプと比べて格段に高いが、それは面接地の場合で、岩などにより点接地した場合には効果は著しくうすれ、場合によっては破損してしまう恐れがある。このため、ムースプロテクションやFRP・ルミラーなどのハードプロテクションと併用し欠点をおぎなったものが主流となっている。欠点として、確かに空気抵抗は多少大きいが、見た目ほどではなく、特に上級者に普及が低いのは見てくれが良くないからのようだ。しかしながら、スカイスポーツの大原則「装備品はなるべくかるく!」からまた「移動には軽い方がいい。」などの理由から好んでエアーバックハーネスを使う方も増えつつある。
e-51.jpg

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エアーバックの関連情報