コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイティガール寺院(読み)エイティガールじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

エイティガールじいん【エイティガール寺院】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区、カシュガル(喀什)の市街の中心部にある、同自治区最大のイスラム教寺院(モスク)。黄色のレンガ造りのウイグルイスラム様式のモスクは、カシュガルを代表する観光スポットになっている。総面積1万6000m2の敷地内には、高さ12mの正門、約8000人が収容できる巨大な礼拝堂、高さ18mの左右のミナレット(尖塔)などがある。このモスクは1798年に建てられ、その後何度かの改修を経て、今日の姿になった。同自治区の住民は13の民族、1700万人で構成されているが、そのうち最大のウイグル族900万人のほとんどは、イスラム教スンニ派の信者である。金曜日の礼拝には、たくさんの人出で賑わう。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android