エウノミオス派(読み)エウノミオスは(英語表記)Eunomianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウノミオス派
エウノミオスは
Eunomianism

キュジコスの司教で後期アリウス派の指導者,エウノミオス (335頃~394頃) の異端説を奉じる一派。エウノミオスは師アエティオスとともにアノモイオス説 anomoios (不相似) を主張。至高,唯一の存在である神の本質は純一,無二であって,そこにもろもろの偶性の区別をすることはできないとし,創造者たる父と被造者たる子 (ロゴス) の不相似を強調した。バシレイオスやニッサのグレゴリウスの論難を受け,398年アルカディウス帝の勅令によって焚書にあった。熱烈な信奉者が多数出たが正統派の攻撃によって衰微。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android