コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウフラシウス聖堂 エウフラシウスセイドウ

デジタル大辞泉の解説

エウフラシウス‐せいどう〔‐セイダウ〕【エウフラシウス聖堂】

Euphrasian Basilica》クロアチア西部の町ポレッチにある聖堂。6世紀中頃に司教エウフラシウスによって建てられたもので、三つのアプス(後陣)を備える三廊バシリカ式。初期キリスト教の複合建築として名高く、キリストを抱いた聖母マリアのモザイク画が残る。1997年に「ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エウフラシウス聖堂の関連キーワードサンジョバンニインラテラノ大聖堂サンジョルジョマッジョーレ教会サンゼーノマッジョーレ教会サンタキアーラ聖堂サンタクローチェ聖堂サンタチェチリアイントラステベレ聖堂サンタトリニタ教会サンタポリナーレインクラッセ聖堂サンタポリナーレヌオボ聖堂サンタマリアインコスメディン教会

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android