コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウフラシウス聖堂 エウフラシウスセイドウ

1件 の用語解説(エウフラシウス聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エウフラシウス‐せいどう〔‐セイダウ〕【エウフラシウス聖堂】

Euphrasian Basilica》クロアチア西部の町ポレッチにある聖堂。6世紀中頃に司教エウフラシウスによって建てられたもので、三つのアプス(後陣)を備える三廊バシリカ式。初期キリスト教の複合建築として名高く、キリストを抱いた聖母マリアモザイク画が残る。1997年に「ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エウフラシウス聖堂の関連キーワードバシリカ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone