コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウメニデス Eumenides

翻訳|Eumenides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメニデス
Eumenides

ギリシア神話の復讐の女神エリニュスたちの別名。「慈愛の女神たち」の意味。同名のアイスキュロスの悲劇によれば,母を殺害したオレステスに取りついたエリニュスたちが彼を苦しめながらアテネに来て,アレオパゴス丘上でアテナ女神に主宰される法廷の裁きを受け,その結果オレステスを放免する代償にアテネでエウメニデスとして祭祀を受けることになったのが,この呼び名の由来とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエウメニデスの言及

【オレステイア三部作】より

…エリニュエスとアポロンは母子の関係と婚姻関係の重要性をめぐって論争するが,女神はオレステスを無罪放免する。憤るエリニュエスは市の守護神エウメニデスEumenidesと名を変えてあがめられることになり怒りを収める。アトレウス家ののろいとは,神の正義の掟を人間の手で執行しようとするときに生ずる限りない報復行為の悪循環であった。…

※「エウメニデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エウメニデスの関連キーワードコロノスのオイディプスアレオパゴス会議アガメムノンオレステイアオイディプスギリシア神話瑞木健太郎

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android