コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウリック Euric

世界大百科事典 第2版の解説

エウリック【Euric】

?‐484
西ゴート族の王。在位466‐484年。5世紀後半,西ローマ帝国が滅亡に向かう時期に,フランス南西部の一帯からプロバンス地方,さらにイベリア半島へと勢力を拡大し,ローマ皇帝との盟約関係を廃棄して独立的な傾向を強め,王国の最盛期を築いた。近隣の諸勢力から有力な調停者としての役割を期待され,誇り高いローマ人詩人シドニウス・アポリナリスからも,西方世界の最強の王と称えられた。ゲルマン世界の最古の成文法として知られる《エウリック王法典Codex Euricianus》(475ころ)は,古来の慣習法を含んではいるものの,ローマ人官僚によって編纂され,ローマ法の影響を強く受けたものといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエウリックの言及

【西ゴート王国】より

…418年アクイタニア地方南部の都市トゥールーズを中心に,テオドリック1世Theodoric I(在位418‐451)はローマ領内でのゲルマン人最初の国家建設を行った。 エウリック(在位466‐484)の治世がトゥールーズを拠点とする西ゴート王国の最盛期であった。彼の政策はガリアでの領土拡張とイベリア半島での勢力強化に重点が置かれた。…

※「エウリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エウリックの関連キーワードリーベル・ユディキオルムアルウァンドゥススペイン法ゴート人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android