コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウリック Euric

1件 の用語解説(エウリックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エウリック【Euric】

?‐484
西ゴート族の王。在位466‐484年。5世紀後半,西ローマ帝国が滅亡に向かう時期に,フランス南西部の一帯からプロバンス地方,さらにイベリア半島へと勢力を拡大し,ローマ皇帝との盟約関係を廃棄して独立的な傾向を強め,王国の最盛期を築いた。近隣の諸勢力から有力な調停者としての役割を期待され,誇り高いローマ人詩人シドニウス・アポリナリスからも,西方世界の最強の王と称えられた。ゲルマン世界の最古の成文法として知られる《エウリック王法典Codex Euricianus》(475ころ)は,古来の慣習法を含んではいるものの,ローマ人官僚によって編纂され,ローマ法の影響を強く受けたものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエウリックの言及

【西ゴート王国】より

…418年アクイタニア地方南部の都市トゥールーズを中心に,テオドリック1世Theodoric I(在位418‐451)はローマ領内でのゲルマン人最初の国家建設を行った。 エウリック(在位466‐484)の治世がトゥールーズを拠点とする西ゴート王国の最盛期であった。彼の政策はガリアでの領土拡張とイベリア半島での勢力強化に重点が置かれた。…

※「エウリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウリックの関連キーワードゴート語北陸新幹線九州新幹線北海道新幹線ゴートビート族ゴート族西ゴート族東ゴート族オンキャンパス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone