コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキノコッカス症(包虫症) えきのこっかすしょうほうちゅうしょう

1件 の用語解説(エキノコッカス症(包虫症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えきのこっかすしょうほうちゅうしょう【エキノコッカス症(包虫症)】

 エキノコッカス属条虫の幼虫が感染するもので、日本では、ほとんどが多包虫症で、北海道でみられます。
 人への感染は、イヌやキツネに寄生している条虫から排出された虫卵(ちゅうらん)が偶然口に入ることによりますが、ウサギ肉から感染する例もあります。
●症状
 寄生部位によって症状は異なりますが、たびたび悪性腫瘍(あくせいしゅよう)と誤診されます。大部分が肝臓に寄生します。
●治療
 外科的に包虫を摘出(てきしゅつ)するのが確実な治療ですが、包虫液がもれてショックの危険があります。薬剤治療としてはアルベンダゾールの服薬・休薬をくり返します。
●予防
 流行地では野犬やキツネとの接触を避け、川水や井戸水は生で飲まないことです。また、野イチゴや野菜は十分に洗ってから食べましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

エキノコッカス症(包虫症)の関連キーワードエキノコックス症エキノコックスチョーク病腐蛆病肝毛頭虫感染小型条虫症縮小条虫症無鉤条虫感染有鉤条虫感染条虫症 (cestodiasis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone