コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エギナ島 エギナトウ

1件 の用語解説(エギナ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エギナ‐とう〔‐タウ〕【エギナ島】

AiginaΑίγινα》ギリシャ南部、サロニコス湾に浮かぶ島。サロニコス諸島に属し、最も人口が多い。中心都市はエギナ。本土のピレウスの南西約30キロメートルに位置する。古代名アイギナというポリス都市国家)が成立し、紀元前5世紀のアフェア神殿アポロン神殿などが残っている。ギリシャ独立戦争の際、1827年から1829年にかけて一時的に首都が置かれた。現在は海岸保養地として知られ、数多くの観光客が訪れる。アイギナ島アイーナ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エギナ島の関連キーワードアイギナ島Αίγιναアイーナ島Άγιος ΝικόλαοςΑγία ΓαλήνηΑγία ΜαρίναΆγιον ΟροςΕλευσίναΓιάννιναΑγία Σοφία

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone