コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エギナ島 エギナトウ

デジタル大辞泉の解説

エギナ‐とう〔‐タウ〕【エギナ島】

AiginaΑίγινα》ギリシャ南部、サロニコス湾に浮かぶ島。サロニコス諸島に属し、最も人口が多い。中心都市はエギナ。本土のピレウスの南西約30キロメートルに位置する。古代名アイギナというポリス(都市国家)が成立し、紀元前5世紀のアフェア神殿アポロン神殿などが残っている。ギリシャ独立戦争の際、1827年から1829年にかけて一時的に首都が置かれた。現在は海岸保養地として知られ、数多くの観光客が訪れる。アイギナ島アイーナ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エギナ島の関連キーワードアギアマリナヒペレイデスサロニコス湾アイーナ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android