コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エグモント伯 エグモントはく Lamoraal,Graaf van Egmond

1件 の用語解説(エグモント伯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エグモントはく【エグモント伯 Lamoraal,Graaf van Egmond】

1522‐68
ネーデルラントの大貴族。カール5世,フェリペ2世に仕えて数々の武勲を立て,1559年フランドルアルトア両州総督に補された。スペインフェリペの腹心グランベルの専制に抗してオランイェ公,ホールネ伯らと同盟,64年グランベルを退去させ,65年国務評議会を代表してスペインに使いし,大貴族の意向を王に伝えた。66年下級貴族やカルバン派市民による反抗運動が激化してからは,ひたすら王に恭順の意を表していたが,67年アルバ公の手で捕らえられ,翌年処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エグモント伯の関連キーワードエグモントオランダ独立戦争ネーデルラントボスユトレヒト同盟オーデルナイセ線快楽の園聖ウルスラの聖遺物箱雪中の狩人スヴェーリンク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone