エゴティスム(英語表記)égotisme[フランス]

世界大百科事典 第2版の解説

エゴティスム【égotisme[フランス]】

自分自身の肉体的,精神的固有性への強い関心,およびその綿密な記述を指す。自我主義と訳される。利己主義を意味するエゴイズムと区別して,スタンダールがとくに好んでこの言葉を使用した。〈エゴティスムといえども,`それが誠実なものである限り’,人間の心を描き出すひとつの方法である〉(スタンダール《エゴティスムの回想》)。J.アディソンの《スペクテーター》紙1714年7月2日号によれば,この語はポール・ロアイヤル修道院の隠士に由来するという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエゴティスムの言及

【エゴイズム】より

…エゴティストは自尊心のために自分の欲望や利益を犠牲にすることもあるので,この点でエゴイストと区別される。一方,社会の因習や集団のエゴイズムに対抗して,エゴティストがみずからの自我を防衛し,かつ積極的に主張する場合(たとえばスタンダールのエゴティスム),彼のエゴティズムは個人主義の一形態であるロマン主義的個人主義と区別しにくい。しかし,かけがえのない個性を尊重するロマン主義的個人主義といえども,人はだれでも個性をもつという論法で,普遍主義へ向かう傾向が含まれている。…

※「エゴティスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android