エストラーダ主義(読み)エストラーダしゅぎ(英語表記)Estrada doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エストラーダ主義
エストラーダしゅぎ
Estrada doctrine

メキシコの外相 D. G.エストラーダによって提唱された政府の承認に関する原則。ラテンアメリカでは革命により頻繁に政府が交代したため,20世紀になって立憲的正統性を政府承認の要件とする動きが広がった。これに対してエストラーダは 1930年に,それは外国への内政干渉であると反論し,いかなる方法で新政府が成立してもそれが領域の実効的支配を確立していれば,諸外国は承認問題を留保して外交使節の交換を維持すべきであると主張した。 (→トバール主義 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android