コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エストラーダ主義 エストラーダしゅぎEstrada doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エストラーダ主義
エストラーダしゅぎ
Estrada doctrine

メキシコの外相 D. G.エストラーダによって提唱された政府の承認に関する原則。ラテンアメリカでは革命により頻繁に政府が交代したため,20世紀になって立憲的正統性を政府承認の要件とする動きが広がった。これに対してエストラーダは 1930年に,それは外国への内政干渉であると反論し,いかなる方法で新政府が成立してもそれが領域の実効的支配を確立していれば,諸外国は承認問題を留保して外交使節の交換を維持すべきであると主張した。 (→トバール主義 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android