外相(読み)ガイショウ

デジタル大辞泉の解説

がい‐しょう〔グワイシヤウ〕【外相】

外務大臣のこと。

がい‐そう〔グワイサウ〕【外相】

外から見たその人のようす。
「―はいみじう清廉なるやうにて、偏頗といふ事つゆも気色に現さず」〈無名抄

げ‐そう〔‐サウ〕【外相】

言語・動作など外面に表れたもの。また、美醜など外見上の姿。うわべ。外面。
「―仮徳を以て是を見るべからず」〈正法眼蔵随聞記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいしょう【外相】

外務大臣のこと。

がいそう【外相】

表面にあらわれた様子。

げそう【外相】

〘仏〙 言語・動作など、外に表れた状態。外見。うわべ。 「事・理もとより二つならず、-もし背かざれば、内証必ず熟す/徒然 157

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外相の関連情報