エスパルト

百科事典マイペディアの解説

エスパルト

アルファソウとも。スペイン南部やアフリカ北部に産するイネ科の野生の草。英国での重要な製紙原料。これから作った紙は嵩(かさ)高く,軽く,印刷・筆記用にする。
→関連項目コットン紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エスパルト【esparto grass】

イネ科の多年草で,日本ではなじみが薄いが,世界的にはパルプ原料その他の用途に注目されている。茎は密生し,高さ90~120cm,円筒形で短毛があり,株まわりは60cmから3mほどまでになる。葉は長さ10cmから1mまでいろいろで,灰緑色である。茎頂に穂をつけ,小穂は1花よりなる。スペイン南部とアフリカ北部に分布する。海岸の乾燥・強光の岩の多い不毛地帯に生じ,ムルシアバレンシア,アルジェリア地方にとくに多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android