コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッケ・ホモ(英語表記)Ecce Homo

翻訳|Ecce Homo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッケ・ホモ
Ecce Homo

キリスト教美術の主題。『ヨハネによる福音書』 19章によれば,総督ピラトは,イエス・キリストを捕え,兵士にむち打たせ,紫の王衣といばらの冠を着せて嘲弄させた。そののち,彼を公衆の面前に引出し,「この人を見よ (エッケ・ホモ) 」と語りかけるが,イエスの反対派は一斉に「十字架につけよ」と叫んだ。この瞬間を表わした図像は9~10世紀頃からあったが,中世末期には,特に,むち打ちに傷つき,手を縛られたみじめな姿のイエスをピラト,兵士とともに壇上に配し,その下に醜い敵対者の群衆をおく構図が発展してきた。またその姿のイエスだけを単独像として取上げたものが,いわゆる祈念像 (アンダハツビルト) の一つとして流行した。作例はボッシュ (フランクフルトアムマイン,シュテーデル美術研究所) ,レンブラントエッチング (1655) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android