エットリンゲン石(データノート)(読み)えっとりんげんせきでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エットリンゲン石(データノート)
えっとりんげんせきでーたのーと

エットリンゲン石
 英名    ettringite
 化学式   Ca6Al2[(OH)4|SO4]3・26H2O
 少量成分  Na,Fe,Cr
 結晶系   三方
 硬度    2~2.5
 比重    1.77
 色     白,黄,淡褐
 光沢    ガラス
 条痕    白
 劈開    三方向に完全
       (「劈開」の項目を参照)
 その他   純粋なものは水分や酸で分解するので,セメント素材物質は他の成分を加えて耐水性を与えてある

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android