コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条痕 じょうこんstreak

翻訳|streak

4件 の用語解説(条痕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条痕
じょうこん
streak

鉱物を粉末にしたときの色。条痕色ともいう。金属鉱物では粉末にすると塊の色と異なり,鉱物によって一般に一定であるので,条痕色はしばしば金属鉱物の鑑定に用いられる。条痕色は,普通素焼の磁器からつくられた条痕板に,鉱物をこすりつけて得られる。金属鉱物の色とその条痕色の最も顕著に異なる例は赤鉄鉱で,赤鉄鉱は一見,黒ないし鋼灰色であるが,条痕色は深紅である。赤鉄鉱の別名 blood stoneの名はこの条痕色に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こん〔デウ‐〕【条痕】

筋目となってついた跡。
白色の素焼きの磁器に鉱物をすりつけて生じさせた筋。その上につく鉱物の微粉の色によって鉱物の鑑定を行う。
銃砲から発射された弾丸に残る銃身内部の旋条の跡。銃によって異なる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

条痕

[Reid : 1880, Charlesworth : 1957].⇒流動構造

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうこん【条痕】

筋になって残ったあと。特に、発射された銃弾についている腔線こうせんのあと。
条痕板に鉱物をすりつけたときにできる筋、およびその色。鉱物の粉末によるもので特有な色を示し、鉱物の鑑定に利用する。条痕色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の条痕の言及

【条痕色】より

…条痕ともいう。鉱物を粉末にした場合に呈する色彩。…

※「条痕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

条痕の関連情報