コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エティヤンブル René Etiemble

1件 の用語解説(エティヤンブルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エティヤンブル【René Etiemble】

1909‐2002
フランス比較文学者。《ランボーの神話》(1952‐54)刊行後,ソルボンヌ比較文学研究所教授(1956‐78)。評論にゲーテ世界文学の理念を受けつぐ《比較は理ならず》(1963),《(真に)普遍的な文学試論》(1974)など。また評伝《孔子》(1956),《東洋の認識叢書》の監修,アラビアのロレンスの著作の翻訳などにより,アジアアフリカ諸国の思想・文学の紹介に努めている。ほかに小説《ミサ答えの少年》(1937)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エティヤンブルの関連キーワード科学技術ムン ソリスバルレオポルド2世現職教育国民宿舎島うたロナウド新橋専門図書館

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone