エドウァルダス メジェライチス(英語表記)Eduardas B. Mezhelaitis

20世紀西洋人名事典の解説


1919 -
ソ連詩人
1937年に共産青年同盟の地下活動に入る。ビリニュス大学法学部で学び、’40〜41年共産青年同盟機関誌を編集。’43年「叙情詩集」でデビュー、民族詩人として「祖国の風」(’46年)、「よみがえる大地」(’51年)、「太陽琥珀」(’61年)等の詩集を出し、表現主義的感覚とリトアニアの民族伝統を融合させてソ連詩壇に新風を送った。’62年詩集「人間」でレーニン賞受賞、他の詩集に「琥珀の」(’72年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android