エドガール ティーネール(英語表記)Edgar Tinel

20世紀西洋人名事典の解説

エドガール ティーネール
Edgar Tinel


1854.3.27 - 1912.10.28
ベルギーの教育者,作曲家。
元・ブリュッセル音楽院院長。
シーナーイ生まれ。
オルガニストであった父から音楽を学び、1863年10歳でブリュッセル音楽院に入学。’73年ピアノ演奏で主席となり、’77年にはローマ大賞を受賞。メヘレンのレメンス音楽院院長を経て、’96年ブリュッセル音楽院の対位法、フーガの教授となる。1909年にはF.A.ヘーヴァールトの後任として同院長となり、翌’10年王室礼拝堂楽長。主な作品には「オラトリオ」(1888年)、聖歌劇「カタリーナ」などオラトリオや劇音楽が多い。また、グレゴリオ聖歌の研究家としても知られ、著作に「グレゴリオ聖歌研究」(’90年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android