エドガール ティーネール(英語表記)Edgar Tinel

20世紀西洋人名事典の解説

エドガール ティーネール
Edgar Tinel


1854.3.27 - 1912.10.28
ベルギーの教育者,作曲家。
元・ブリュッセル音楽院院長。
シーナーイ生まれ。
オルガニストであった父から音楽を学び、1863年10歳でブリュッセル音楽院に入学。’73年ピアノ演奏で主席となり、’77年にはローマ大賞を受賞。メヘレンのレメンス音楽院院長を経て、’96年ブリュッセル音楽院の対位法、フーガの教授となる。1909年にはF.A.ヘーヴァールトの後任として同院長となり、翌’10年王室礼拝堂楽長。主な作品には「オラトリオ」(1888年)、聖歌劇「カタリーナ」などオラトリオや劇音楽が多い。また、グレゴリオ聖歌の研究家としても知られ、著作に「グレゴリオ聖歌研究」(’90年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android