エドモンド・ストローザー フェルプス(英語表記)Edmund Strother Phelps

20世紀西洋人名事典の解説

エドモンド・ストローザー フェルプス
Edmund Strother Phelps


1933 -
米国の経済学者。
期待要因や賃金契約などを分析に導入し、フィリップス曲線の理論的根拠を示し、経済成長マクロ経済学に貢献した。主な著書に「経済成長の黄金律」(’66年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android