コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー変換効率 えねるぎーへんかんこうりつ energy efficiency,energy conversion efficiency

1件 の用語解説(エネルギー変換効率の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

エネルギー変換効率

光、電力、動力、熱など各種のエネルギー形態の間での変換の効率または有効に利用できるエネルギーの割合。一般には、出力エネルギー÷入力エネルギー×100(%)の値をいう。太陽電池は約15〜20%、火力発電所は石油燃焼熱の約37%で、それぞれ電力に変換される。この値が高いほど損失が少ない。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エネルギー変換効率の関連キーワードエネルギー産業エネルギー資源エネルギー準位エネルギー代謝化学エネルギー熱エネルギー真空のエネルギー一次エネルギー維持のエネルギーエネルギー学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エネルギー変換効率の関連情報