コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少ない/尠い/寡い スクナイ

デジタル大辞泉の解説

すくな・い【少ない/×尠い/寡い】

[形][文]すくな・し[ク]数量・程度などが小さい。わずかしかない。「観客が―・い」「―・いチャンスをものにする」⇔多い
[派生]すくなげ[形動]すくなさ[名]

すけな・い【少ない】

[形]《近世後期以降の語》「すくない」の音変化。
「向うは高が―・いから」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すけない【少ない】

( 形 )
〔近世江戸語〕
「すくない」の転。 「不埒者の-・いにはこまる/黄表紙・心学早染草」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

少ない/尠い/寡いの関連キーワード低アルカリソレアイト労多くして功少なし低タンパク質食品エンゲルの法則肺胞換気過少不平を鳴らす薬にする程心学早染草煎餅布団食が細い過小月経ミニ政党食欲不振チャンス安月給薄商い少数党鉄欠乏蚊の涙生活苦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android