少ない(読み)スクナイ

デジタル大辞泉 「少ない」の意味・読み・例文・類語

すくな・い【少ない/×尠い/寡い】

[形][文]すくな・し[ク]数量程度などが小さい。わずかしかない。「観客が―・い」「―・いチャンスをものにする」⇔多い
[派生]すくなげ[形動]すくなさ[名]
[類語]少し少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅きんきんわずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重すずめの涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪の垢小口ささやか寸毫すんごうプチほのか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる心ばかりしるしばかり形ばかり

すけな・い【少ない】

[形]《近世後期以降の語》「すくない」の音変化。
「向うは高が―・いから」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android