コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー間競合 エネルギーかんきょうごうinter-energy competition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー間競合
エネルギーかんきょうごう
inter-energy competition

電力,ガス,石油などエネルギー間の競合を指す。エネルギー産業は,安定供給の確保が国民経済にとって欠かせないため,電気事業法ガス事業法石油業法や行政指導で,政府の規制の対象になってきた。しかし,今後とも増加するエネルギー需要に対処し,エネルギーコストの低減やサービスの向上を図るためには,秩序ある競争状態をつくることも必要であるとの考え方もあり,規制緩和の方向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android