競合(読み)きょうごう

  • きょうごう キャウガフ
  • きょうごう〔キヤウガフ〕
  • せらい せらひ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
せりあうこと。きそいあうこと。「大手各社が競合する市場」
私法上、単一の事実または要件について、評価あるいはその効果が重複すること。また、刑法で、同一行為が数個の罪名にあたること。
コンピューターで、異なるソフトウエアハードウエアが、同じファイルにアクセスしたり、同じデバイスを利用したりすることで、動作が不安定になったり、データ更新の整合性が失われたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

その企業が進出している(またはしようとする)分野における他社のこと。自社とそれを取り巻く競合との地位の状況において、それぞれ取る戦略が変わってくる。(リーダー型戦略・チャレンジャー型戦略・ニッチャー型戦略)

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① いくつかの事柄が同一の対象のうえに重なり合うこと。また、せりあうこと。
※藁のおとし穴(1974)〈坂上弘〉「それにしても東京から五千キロも離れた都会にきて、同じ日本の競合状態がそっくり延長しているのは奇異な感じがする」
② 私法上、単一の事実または要件について、評価あるいはその効果が重複すること。また、刑法で、一個の行為が数個の罪名にあたること。
※民法(明治二九年)(1896)三二九条「一般の先取特権か互に競合する場合に於ては」
〘名〙 (「せりあい」の変化した語)
① 強風をいう船方ことば。
※廻船安乗録(1810)廻船運漕の事「又凪(なぎ)にあひ、せらひ(闘風)にあふ時は」
② 潮の流れの方向と、風の方向とが反対になって波立つことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の競合の言及

【競争】より

…また経済力集中の防止手段としての競争は,経済的分権主義とでもいうべき源流に根ざすものであり,反独占の社会思想や民主主義思想と密接なかかわりを有する。経済法【来生 新】
【生物学における競争】
 競合ともいう。同種または異種の個体または個体群どうしが共通でしかも不足しがちな生活必須資源や要件,たとえば食物,生活空間,水,光などの獲得をめぐって互いに争うこと。…

※「競合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

競合の関連情報