コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピネフリン epinephrine

翻訳|epinephrine

栄養・生化学辞典の解説

エピネフリン

 C9H13NO3 (mw183.21).

 アドレナリンともいう.副腎髄質,アドレナリン作動性ニューロンで合成され,ホルモンとしても,また神経伝達物質としても作用する.高峰譲吉上中啓三により1900年に結晶化され発見された最初のホルモン.発見の経緯からいうと,「アドレナリン」が正しい名称だが米国や日本薬局方では「エピネフリン」を使う.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピネフリン

アドレナリン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエピネフリンの言及

【アドレナリン】より

高峰譲吉によって結晶形として得られた最初のホルモン。エピネフリンepinephrineとも呼ばれ,芳香族アミノ酸から生成されるアミン類であるカテコールアミンcatecholamineの一つ。1896年,イギリスのオリバーG.OliverとシェーファーE.A.Schäferらは副腎から血圧上昇物質を抽出,これをエーベルJ.J.Abelがベンゾイル化合物として単離し,エピネフリンと命名した。…

【グリコーゲン】より

…グリコーゲンの合成と分解の酵素系はいずれもタンパク質のリン酸化と脱リン酸化によって制御されており,ホスホリラーゼはリン酸化によって活性化され,グリコーゲンシンターゼはリン酸化によって逆に活性低下する。このリン酸化反応はエピネフリン,グリカゴンといったホルモンによって間接的に制御されている。これらのホルモンは血糖値を上昇させる働きがあるが,その理由はグリコーゲン分解の促進,合成の抑制に求められる。…

※「エピネフリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エピネフリンの関連キーワード副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンフルクトース2,6グリコーゲンシンターゼキナーゼドーパミンβアドレナリン作動性効果遮断薬グリコーゲンホスホリラーゼエリオットの法則(生理学)アドレナリン作動性シナプスGタンパク質共役型受容体ホルモン感受性リパーゼアドレナリンレセプターアドレナリン作動性神経βアドレノレセプターGTP結合タンパク質アドレナリン作動性のイソプロテレノールグリコーゲン分解カテコールアミン副腎髄質ホルモンプロプラノロール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エピネフリンの関連情報