コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピ花崗岩 エピかこうがんepigranite

岩石学辞典の解説

エピ花崗岩

エピ(epi-)という接頭語の付いた岩石名は多く意味もまた様々である.エピ花崗岩は,わずかに動力変成作用を受けた[Bezborodko : 1929],造山作用でない地域の地殻の上部に位置する花崗岩で,ミアロリティック組織あるいは微花崗岩質組織を示す.一部はグラノフィリック組織の岩石[Wager, et al. : 1965]などをいう[Tomkeieff : 1983].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

エピ花崗岩の関連キーワード変輝緑岩変閃緑岩モーズレイ人格目録グリゴリー ヤヴリンスキー経済政策研究所エピ島エピタキシーエピユー地向斜エピバソリス期

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android