エフゲーニー・オネーギン(英語表記)Evgenii Onegin

世界大百科事典 第2版の解説

エフゲーニー・オネーギン【Evgenii Onegin】

ロシアの国民詩人プーシキンの,8章から成る韻文小説。1825‐32年刊。知性も能力もありながら,現実の生活に幻滅し,理想も信念も持たぬペテルブルグの高等遊民オネーギンは,伯父の死によって領地を相続し,いなかに住むようになる。近隣の地主の娘タチヤーナはオネーギンを熱烈に愛するが,オネーギンは彼女の美点を見抜けず冷たくあしらい,タチヤーナの妹と婚約している友人レンスキーを決闘で殺し村を去る。数年後タチヤーナと再会したオネーギンは,こんどは自分が愛のとりことなるが,タチヤーナは彼を理性的にしりぞける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報