コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフゲーニー・オネーギン Evgenii Onegin

世界大百科事典 第2版の解説

エフゲーニー・オネーギン【Evgenii Onegin】

ロシアの国民詩人プーシキンの,8章から成る韻文小説。1825‐32年刊。知性も能力もありながら,現実の生活に幻滅し,理想も信念も持たぬペテルブルグの高等遊民オネーギンは,伯父の死によって領地を相続し,いなかに住むようになる。近隣の地主の娘タチヤーナはオネーギンを熱烈に愛するが,オネーギンは彼女の美点を見抜けず冷たくあしらい,タチヤーナの妹と婚約している友人レンスキーを決闘で殺し村を去る。数年後タチヤーナと再会したオネーギンは,こんどは自分が愛のとりことなるが,タチヤーナは彼を理性的にしりぞける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android