コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オネーギン Onegin

大辞林 第三版の解説

オネーギン【Evgenii Onegin】

プーシキンの同名の韻文小説の主人公。自己の才能を有効にいかせず、無為な生活を送るインテリ貴族で、ロシア文学に特徴的な余計者の典型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

オネーギンの関連キーワードイングリッシュ・ナショナル・バレエ団ムサ・タシムハメドフ アイベクフィリップ バランキエヴィッチドミトリー ホロストフスキーマリウシュ クヴィエチェンイリーナ ドヴォロヴェンコアリシア アマトリアインフリーデマン フォーゲルエブゲーニー・オネーギンエフゲーニー・オネーギンエフゲーニー・オネーギンセルゲイ レイフェルクスジーグリド オネーギンマリア アイヒヴァルトマリーナ ドマシェンコナターリア ウシャコワマクシム ルイリスキードラマティック・バレエロバート テューズリーモニク ルディエール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オネーギンの関連情報