コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブゲーニー・オネーギン エブゲーニー・オネーギン Evgenii Onegin

1件 の用語解説(エブゲーニー・オネーギンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブゲーニー・オネーギン
エブゲーニー・オネーギン
Evgenii Onegin

ロシアの作家 A.プーシキンの韻文小説。 1823年から足かけ8年かけて執筆され,数回に分けて発表された。恋し恋される者の立場が逆転する筋を中心に据えながら,19世紀初頭のロシア社会をくまなく映し出して,批評家 V.ベリンスキーに「ロシア生活の百科事典であり,真に国民的な作品」と言わせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エブゲーニー・オネーギンの関連キーワードスペードの女王ノンノスエウゲニーオネーギンプーシキン広場エフゲニー・オネーギン黒い瞳 プーシキン作「大尉の娘」よりプードルの身代金ボリス・ゴドノフロシアの恋人ハンドシキン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone