無為徒食(読み)ムイトショク

  • むいとしょく ムヰ‥
  • むいとしょく〔ムヰ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)なすべきことを何もしないでただ遊び暮らすこと。「貯金を頼りに無為徒食して日々を過ごす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
働かないでぶらぶらと遊び暮らすこと。 -の輩やから

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 何の仕事もしないでただぶらぶらして暮らすこと。
※東京学(1909)〈石川天崖〉一〇「此の世に生れ出たからには無為徒食(ムヰトショク)すべきものでない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

何の仕事もしないでただぶらぶらして暮らすこと。

[活用] ―する。

[使用例] ある者は円本印税によって無為徒食し[大宅壮一*文学史的空白時代|1928]

[使用例] 無為徒食の島村は自然と自身に対する真面目さも失いがちなので[川端康成雪国|1935~47]

[解説] 「徒食」はむだ食い。働きがなく、食べるだけであること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android