エミール デュルケーム(英語表記)Émile Durkheim

20世紀西洋人名事典の解説


1858.4.13 - 1917.11.15
フランスの社会学者,宗教学者。
元・パリ大学教授。
ヴォージュ県エピナル生まれ。
ラビ(ユダヤ教の教師)の子として生まれ、高等師範学校に学び、ドイツに留学した。1887〜1902年までボルドー大学教授を務め、’02年にパリ大学(ソルボンヌ)の教授に就任した。M.ウェーバーと並び現代社会学の諸理論の基礎を構築した社会学者である。機関紙「社会学年報」(1898〜’03年)を主宰し、モース、エルツらと共に「デュルケーム学派」を形成した。主著に「社会分業論」(1893年)、「社会学的方法の基準」(1895年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android