エミール ピカール(英語表記)Émile Charles Picard

20世紀西洋人名事典の解説


1856.7.24 - 1941.12.11
フランスの数学者。
元・ソルボンヌ大学教授。
パリ生まれ。
エコール・ノルマル・シュペリュール在学中にいくつかの代数学上の発見をし、1879年23才でトゥルーズの教授となる。1885年にはソルボンヌ大学の微積分学教授となり、学生を育てるために1897年には解析学と高等代数学のポストと交換した。1878年に「ピカールの小定理」、1886年に「ピカールの大定理」を得た。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android