エミール ピカール(英語表記)Émile Charles Picard

20世紀西洋人名事典の解説

エミール ピカール
Émile Charles Picard


1856.7.24 - 1941.12.11
フランスの数学者。
元・ソルボンヌ大学教授。
パリ生まれ。
エコール・ノルマル・シュペリュール在学中にいくつかの代数学上の発見をし、1879年23才でトゥルーズの教授となる。1885年にはソルボンヌ大学の微積分学教授となり、学生を育てるために1897年には解析学と高等代数学のポストと交換した。1878年に「ピカールの小定理」、1886年に「ピカールの大定理」を得た。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android