コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリオシトリン eriocitrin

1件 の用語解説(エリオシトリンの意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

エリオシトリン【eriocitrin】

レモンやライムの皮に多く含まれる黄色色素。レモン、ライムに多く存在し、同じ柑橘類でもオレンジグレープフルーツにはほとんど含まれていない成分。強力な抗酸化作用をもち、脂質の酸化を防いでがん予防や高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果を発揮するほか、肝臓・腎臓・血管中での過酸化脂質の生成を抑制、肥満予防、糖尿病の合併症予防、筋肉の老化予防、エコノミークラス症候群予防などに効果が期待できる。◇「レモンポリフェノール」とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリオシトリンの関連キーワードカロテノイドリコピンえんやらクーラーレモン油βカロテン黄色乳クルクミン

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリオシトリンの関連情報