エリザベス ウィリアムズ(英語表記)Elizabeth Williams

現代外国人名録2016の解説

エリザベス ウィリアムズ
Elizabeth Williams

職業・肩書
平和運動家

国籍
英国

生年月日
1943年5月22日

出生地
北アイルランドベルファスト

本名
パーキンズ,エリザベス〈Perkins,Elizabeth〉

別名
通称=ウィリアムズ,ベティ〈Williams,Betty〉

受賞
ノーベル平和賞(1976年度)〔1977年〕,ノルウェー国民平和賞〔1976年〕

経歴
父はプロテスタント、母はカトリック。1961年ラルフ・ウィリアムズと結婚。主婦、会社事務員として働く傍ら、’76年北アイルランドのカトリックとプロテスタントの対立による内乱を防止するため、“平和のための女性運動(ザ・ピース・ピープル)”をM.コリガン(のちM.コリガン・マグワイア)とともに組織する。彼女らの指導の下、多くの女性たちがベルファストで平和行進に参加し、さらに北アイルランド全体から英国本土にまで広がり、超宗派の平和行進が各地で行われた。翌’77年、’76年度の追贈としてノーベル平和賞をコリガンと共同受賞するが、賞金の私有化などをめぐりさまざまな波紋を呼んだ。’82年米国人のジェームズ・パーキンズと再婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

エリザベス ウィリアムズ
Elizabeth Williams


1943.5.22 -
英国の平和運動家。
別名Betty(通称)。
コリガンと共に北アイルランドのカトリック、プロテスタントの対立緩和、内戦防止のための婦人平和行進を組織し、1976年に「平和のための女性」運動を起こした。’77年にコリガンと共にノーベル平和賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android