エリミネーター250

デジタル大辞泉プラスの解説

エリミネーター250

カワサキ(川崎重工業)が1987年から製造・販売したオートバイ。総排気量248cc(普通自動二輪車)。エンジン形式は水冷4ストローク2気筒DOHC。アメリカのドラッグレースをイメージしたスポーツモデル。GPX250Rと同じエンジンを搭載。1997年にV型2気筒エンジンを搭載したエリミネーター250Vが発売された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android