コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリューセラ島 エリューセラとう Eleuthera Island

3件 の用語解説(エリューセラ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリューセラ島
エリューセラとう
Eleuthera Island

西インド諸島北部,バハマ北西部の島。サンゴ礁の低平な島で,北西-南東方向に細長く延びる。北部にダンモアタウン,中部にガバナーズハーバー,南部にロックサウンドの各集落がある。パイナップル乳製品などを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エリューセラ‐とう〔‐タウ〕【エリューセラ島】

Eleuthera西インド諸島北部、バハマ中北部の島。サンゴ礁に囲まれた細長い島で、ガバナーズハーバーやロックサウンドなどの町がある。カリブ海域の代表的な観光・保養地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリューセラ島
えりゅーせらとう
Eleuthera

西インド諸島北部、バハマ中北部の小島。首都ナッソーのあるニュープロビデンス島の東方140キロメートルに位置する。面積484平方キロメートル、人口7999(2000)。西側と南側に広大なバンク(浅堆(せんたい))があり、長さ130キロメートルの細長い島がつくりだす海岸線とともに、バハマ諸島でももっとも美しい島といわれる。アメリカやイギリス連邦諸国からの観光客が多く、シー・スポーツやゴルフを楽しむ。主要港はバナース・ハーバー。17世紀初めバハマ諸島に最初の永住植民地が建設された島として知られる。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリューセラ島の関連キーワードアンドロス島グランドバハマ島サンサルバドル島西インド諸島ニュープロビデンス島バージン諸島ルカヤン国立公園イスパニオラ[島]小アンティル[諸島]バハマ[諸島]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone