コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリューセラ島 エリューセラとうEleuthera Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリューセラ島
エリューセラとう
Eleuthera Island

西インド諸島北部,バハマ北西部の島。サンゴ礁の低平な島で,北西-南東方向に細長く延びる。北部にダンモアタウン,中部にガバナーズハーバー,南部にロックサウンドの各集落がある。パイナップル乳製品などを産する。周辺のハーバー,スパニッシュウェルズなどの小島を含めて面積 518km2,人口 9300 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エリューセラ‐とう〔‐タウ〕【エリューセラ島】

Eleuthera西インド諸島北部、バハマ中北部の島。サンゴ礁に囲まれた細長い島で、ガバナーズハーバーやロックサウンドなどの町がある。カリブ海域の代表的な観光・保養地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリューセラ島
えりゅーせらとう
Eleuthera

西インド諸島北部、バハマ中北部の小島。首都ナッソーのあるニュープロビデンス島の東方140キロメートルに位置する。面積484平方キロメートル、人口7999(2000)。西側と南側に広大なバンク(浅堆(せんたい))があり、長さ130キロメートルの細長い島がつくりだす海岸線とともに、バハマ諸島でももっとも美しい島といわれる。アメリカやイギリス連邦諸国からの観光客が多く、シー・スポーツやゴルフを楽しむ。主要港はバナース・ハーバー。17世紀初めバハマ諸島に最初の永住植民地が建設された島として知られる。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone