コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルケウン(也里可温) エルケウンerke`un

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルケウン(也里可温)
エルケウン
erke`un

中国,元代にキリスト教徒一般をさした語。也里克温,也里喬とも書く。語源は不明。迭屑,帖薛 (語源はペルシア語 tarsa,不信心者の意) も当時同義に使用。初め 13世紀の西アジアでネストリウス派に対して使われたのが,13世紀のモンゴル帝国西征の結果モンゴル人も使用,キリスト教徒全般に拡大適用されたもの。帝国内には,オングット,ナイマン,ウイグル,ケレイトなどの少くとも支配者層にはネストリウス派を信奉した者もあった。またローマ教会の宣教師を招き,キリスト教はほかの宗教とともに保護され,都に崇福司,地方に掌教所をおき,教徒を管理した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android