コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免税 メンゼイ

デジタル大辞泉の解説

めん‐ぜい【免税】

[名](スル)税を免除すること。課税しないこと。免租。「免税される品物のリスト」「免税店」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めんぜい【免税】

国または地方公共団体が,一方的な意思表示によって,いったん成立した納税義務の全部または一部を解除し,これを消滅せしめることを,納義務の免除ないしは税という。〈災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律〉(1947公布)によって所得税等が免除されるのは,その一例である(地方税法45条,72条の62,162条,323条,367条などによる減免も同旨)。免除の形式には,納付すべきまたは徴収すべき税額の免除,納付ずみまたは徴収ずみの税額の還付(前出の災害減免法3条2項),以後の納付すべき税額からの控除(7条1項)等がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めんぜい【免税】

( 名 ) スル
課税しないこと。税を免ずること。タックス-フリー。デューティー-フリー。 「 -品」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

免税の関連キーワードデューティー・フリー・インターナショナル[会社]モエ・ヘネシー・ルイ・ビトン[会社]アンシャンレジーム(旧制度)デューティーフリーショップ外国人旅行客向け免税制度タックスフリーショップ輸出物品販売場制度デューティーフリーアフリカ成長機会法プンタ・アレナスグランドバハマ島フリータックスタックスフリーソユールガールマルガリータ島空港型免税店チョンメックデューティー租税特別措置関税定率法

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免税の関連情報