免税(読み)めんぜい

精選版 日本国語大辞典「免税」の解説

めん‐ぜい【免税】

〘名〙 租税免除すること。金をかけないこと。免租
※正倉院文書‐天平九年(737)和泉監正税帳「税壱万参仟陸拾束」
※風俗画報‐七五号(1894)日本諸国婚礼奇風談「婚姻三度に及ぶまで納め四度目よりは免税(メンゼイ)の規定にして村会の決議に基くものなりとぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「免税」の解説

めん‐ぜい【免税】

[名](スル)税を免除すること。課税しないこと。免租。「免税される品物のリスト」「免税店」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「免税」の解説

めんぜい【免税】

国または地方公共団体が,一方的な意思表示によって,いったん成立した納税義務の全部または一部を解除し,これを消滅せしめることを,納税義務の免除ないしは免税という。〈災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律〉(1947公布)によって所得税等が免除されるのは,その一例である(地方税法45条,72条の62,162条,323条,367条などによる減免も同旨)。免除の形式には,納付すべきまたは徴収すべき税額の免除,納付ずみまたは徴収ずみの税額の還付(前出の災害減免法3条2項),以後の納付すべき税額からの控除(7条1項)等がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android