エルケウン(英語表記)erkegün

世界大百科事典 第2版の解説

エルケウン【erkegün】

中国,元代にキリスト教の聖職者,とくにネストリウス派のそれを呼んだ語。一般にはその教徒をも含んで呼称するとされるが確かではない。語源については,シリア語arkunやアラビア語rekhabiumなどの説がある。ネストリウス派は,すでにチンギス・ハーン以前よりケレイトやオングート部族などの間で信仰されていたが,のち元の王族にも広まり,後来のカトリックの聖職者なども同様に呼ばれた。元では仏僧,道士,イスラム学者と同様に,免税などの特権が与えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエルケウンの言及

【景教】より

…しかし西北辺境方面や中央アジアではその信仰が維持され,11世紀にはモンゴル族のケレイト部やトルコ族のオングート部に多数の信者を擁していたため,ケレイト部と通婚したチンギス・ハーン家にも多くの信者を出した。したがって,モンゴル族がユーラシアにまたがる世界帝国を建設し,あらゆる宗教に寛容な態度をとると,ふたたび中原にあらわれ,今度は〈也里可温(エルケウン)〉あるいは〈達婆〉〈迭屑〉とよばれたが,いずれもペルシア語のタルサ,神を怕(おそ)れる人,の意味といわれる。とにかく元朝にあっては長江(揚子江)下流域にも相当の信徒がいたのであって,1289年(至元26)以後,崇福司という官庁を設けて事務を管掌させた。…

※「エルケウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android