エルディグズ朝(読み)エルディグズちょう(英語表記)Eldigüzids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルディグズ朝
エルディグズちょう
Eldigüzids

イラン北西部を支配したトルコ系アター・ベグ朝 (1146頃~1225) 。イラクのセルジューク朝に仕えたキプチャク・トルコ人奴隷出身のシャムス・ウッディーン・エルディグズ Shams al-Dīn Eldigüz (在位 1146頃~75/6頃) がアゼルバイジャンに独立して創始。パフラバーン (在位 75/6頃~87) の治世にジバールやファールスに勢力を拡大すると同時に,イラクのセルジューク朝国家の実権をも握った。その後,内部分裂ならびにホラズム・シャー朝やモンゴルに押されて衰退,1225年ホラズム・シャー,ジャラール・ウッディーンによって滅ぼされた。同朝はモスクやマドラサの建築および学者,文人の保護でも知られ,詩人ニザーミー・ガンジャビーはその作品のいくつかを同朝の君主に献呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android