コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルディグズ朝(読み)エルディグズちょう(英語表記)Eldigüzids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルディグズ朝
エルディグズちょう
Eldigüzids

イラン北西部を支配したトルコ系アター・ベグ朝 (1146頃~1225) 。イラクのセルジューク朝に仕えたキプチャク・トルコ人奴隷出身のシャムス・ウッディーン・エルディグズ Shams al-Dīn Eldigüz (在位 1146頃~75/6頃) がアゼルバイジャンに独立して創始。パフラバーン (在位 75/6頃~87) の治世にジバールやファールスに勢力を拡大すると同時に,イラクのセルジューク朝国家の実権をも握った。その後,内部分裂ならびにホラズム・シャー朝やモンゴルに押されて衰退,1225年ホラズム・シャー,ジャラール・ウッディーンによって滅ぼされた。同朝はモスクやマドラサの建築および学者,文人の保護でも知られ,詩人ニザーミー・ガンジャビーはその作品のいくつかを同朝の君主に献呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android